クッションパッドと硬い猪毛で、適度なタッチのマッサージが可能に!

女性なら、1日に1度は櫛を使っているかと思います。では、どのような櫛をお使いでしょうか。

プラスチック製の物は、軽くてコンパクトに収まるので持ち運びにも便利でしょう。

しかし、プラスチック製だと目の間にすぐに汚れが付着してしまうし、これは洗っただけではなかなか落とせません。

それに、静電気によって髪にダメージを与えてしまう場合もあります。そこで、最近では木の櫛を愛用している人も増えてきています。

ところで、そのような櫛を使うのはどのようなときでしょうか。朝、寝癖のついた髪をなおすとき。出かける前にヘアスタイルを整えるとき。お風呂上りに使うと言う人も多いでしょう。

ですが、髪の乱れのために櫛を使う人は多くても、髪そのもののためにブラッシングを行うと言う人はあまりいないかもしれません。

実は、美しい髪を保つために、ブラッシングはとても効果的です。

抜け毛や汚れを取り除いて髪を清潔にすることも、髪全体に皮脂を行き渡らせてうるおいを持たせることも、頭皮を刺激して血行を良くするマッサージの役割も、ブラッシングは1度にこなしてしまいます。

とは言え、そのようなブラッシングも、正しく行わなくては意味がありません。

ブラッシングと言うくらいなのですから、安価な櫛などではなく適切なブラシを使うことが好ましいでしょう。

敏感な毛質の方は一番柔らかい猪毛がオススメです。

メイソンピアソンは、全工程がロンドンの職人による、英国伝統ハンドメイドブラシの最高峰ブランドです。

とある女性が10年以上も同じブラシを愛用し続けたと言う逸話が残るほど、品質と耐久性の高さへの定評は他の追随を許しません。

創立者のメイソンピアソン氏は、最高のブラシは猪毛に限ると言う信念を抱き、その思いは創業150年を過ぎた今日まで変わらず一貫されています。

猪毛ブラシは豚毛ブラシに比べて毛質が非常に硬いため、ブラシの通りがなめらかです。

更に、猪毛には適度な水分と油分が含まれているので、静電気も起こりにくく、どんなにブラッシングを重ねても髪を傷める心配がありません。

使っていく内に油分が馴染み、より髪に優しいものとなっていくと言う特徴も持っています。

ブラッシングの効果は先に説明しましたが、美しい髪のためには健康的な頭髪が必要不可欠であることは、ご存知の人も多いでしょう。

メイソンピアソンはその点にもこだわり、ブラシに独自のクッションパッドを開発しました。

中空構造のパッドを植毛部分に採用し、空気でクッション化することで、ほどよい刺激を与えながら地肌の血行を良くするヘアブラシと言う、理想のコンディショニング・トリートメントを実現したのです。

品質の良い物を、その状態を保ったまま長くお使いいただくために、メイソンピアソンはブラシのお手入れ方法もご紹介しています。

そのほかにも、実際のお客様よりいただいたご質問の1部も公表しておりますので、ご参考にしてください。



  • ハット 育毛剤 ・・・人気おすすめ育毛剤の中でもかなり人気トップクラスの実績があります。
   葡萄樹液ジェル コスメリンク マイナチュレ フジッコ カスピ海ヨーグルト種菌 エミューオイル